スポーツ&ヘルス講座 ~第9回~  積極的休養 (アクティブレスト)について (45号)


~第9回~ 積極的休養 (アクティブレスト)について
疲れた時は、「早く横になりたい」、「ゆっくり休みたい」と自然と考えると思います。「休養」は健康づくりにおいて、「運動」と「食事」と並び重要です。

「積極的休養」(アクティブレスト)という言葉をご存知ですか?積極的って…   12時間位寝ること? 栄養ドリンクやサプリメントを飲むこと?
積極的休養とは、疲労時にあえて低強度の運動を行うことで、全身の血行を促進し、カラダにたまった疲労物質の除去を早めるとともに、筋肉の硬直を緩め、疲労をより効果的に取り除く方法です。


スポーツ選手が試合翌日は完全休養せずあえて軽く体を動かし、完全休養は試合翌々日とするという場合がありますが、これも積極的休養の例です。


カラダを少しでも動かすことが辛いような場合はのぞきますが、疲れがたまっている時は、あえてウォーキングやゆっくりとしたジョギング、ストレッチなどをリラックスして15~30分程度やることで、より質の高い休養が実現できます。ぜひお試しください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スポーツ&ヘルス講座 ~第9回~  積極的休養 (アクティブレスト)について (45号)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク