小さな会社のIT劇場 20回目 中小企業の為のウィルス対策(46号)

20回目 中小企業の為のウィルス対策

中小企業のウィルス対策は、どの程度行うべきなのか。

 

気になる問題ですね。

 

正直に言って中小企業のセキュリティー対策の現状は決して出来ているとは言えない状況です。

 

ウィルス対策ソフトも入っていない、Windowsはアップデートされず、ブラウザーは古く、フラッシュやJavaなどもアップデートされていないというパソコンをあちらこちらで見ます。

 

むしろ、そんなパソコンのほうが多く見かけるくらいです。

また、ウィルス対策ソフトがインストールされていればそれで全て安心というわけでもありません。

ウィルス対策ソフトのアップデートがされている必要がありますし、週に1度くらいはウィルススキャンもかけたほうがいいです。

パソコンは、いろいろなものをアップデートするようにメッセージが表示されます。

アップデートするとパソコンが遅くなってしまうような気がするなどの理由で、アップデートを放置している方も多いようですが、アップデートは必ずしてください。

逆にアップデートしたことによって速くなるということもあります。

 

そうはいっても、何をアップデートすればよいのかという事もありますが、次のアップデートは欠かさずやってください。

・Windowsアップデー

・ブラウザーやメールソフトのアップデート

・ウィルスソフトのアップデート・フラッシュのアップデート

・Javaのアップデート

・AdobeReaderのアップデートなど最低上記のアップデートは随時メッセージが出てきた時にしましょう。

 

中小企業といえども、ホームページなどでお問い合わせをいただくような仕事の場合は、最低限のセキュリティーポリシーを基に対策をしていないと、信頼を失うことにつながります。

 

ウィルス対策を今一度見直してみてください。

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク