そうそうプリズム(48号) 7月はお盆の月

7月はお盆の月です。


お盆の起源を仏教にみると、釈迦の教えにより多くの人への施しをもって、餓鬼道で吊るされている母を苦しみから救ったといわれる目連尊者の行いから、亡くなられた方への供養法会とされています。


しかし勉強をしてみるとそれだけではなんとも割り切れない習慣が残っています。

そもそもは仏教伝来の前よりわが国には一年に一度、ご先祖様が帰ってくると言われた先祖供養の日が、7月15日とされていたようです。


さらに、中国の中元節が使者の罪を赦し感謝をする日として、仏教の伝来とともに伝えられました。

こうした背景が混在しお盆には先祖供養とともに長命を願い健康に感謝するという意味合いもこめられているようです。


こうして見ると文化や習慣は、先人から受け継ぎながら変化をしてきたようです。

そしてその意味は、じつはそれぞれの心の中でもいいのかもしれません。
今年未曾有の災害を受けて初めてのお盆です。

電気を消したエコな提灯の灯りの中で、ご先祖様とともに多くの御霊に向けて供養をされてはいかがでしょうか?

関連タグ , ,
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク