しあわせのぶんぶん文庫(49号)



コイワタイムズ7月号①

 

「しあわせの ぶんぶん文庫」

埼玉県の日高市から発信!小岩の皆さんからも学びたいです。

 

震災以降、今いる場所で何ができるかということで、東北の物産を売ること、被災者の仕事の材料を送ること、現地を見てくること(ボランティア含め)などをしています。

それから、今までの私たちの暮らしの在り方を見つめなおし、平和で自立した暮らしを求めて、市として自然エネルギーを推進してほしいという請願を市民900名超の署名とともに出しました。

 

請願項目のみ記します。

一、日高市として自然エネルギー推進都市を宣言すること。

二、自然エネルギー活用にかかわる調査研究を実施するとともに、その成果報告を実施すること。

三、地域の自然エネルギーの様々な有効性に着目し、都市計画および町づくり政策に地域の自然エネルギーを含めること。

四、市民に学習の機会を提供し、自然エネルギーの普及に向けて共同で取り組むこと。

五、自然エネルギーを促進するための枠組みを国に求めること。

 

 

議会は波乱万丈の末、請願が採択されましたが、自分たちが何をどのようにやっていけばいいか、模索中です。良いアイディアお持ちの方、お知らせください。そして共感してくださる方、ぜひご自分の町でもお願いします。

 

なぜ自然エネルギーか、と言えば、対立・差別を生みにくいエネルギーだからです。脱原発とかいろいろな運動もありますが、私は、暮らしや生きていくことの自然な行為として、自然エネルギーを個人がもっと身近に使いこなせる社会が豊かではないか、と思っています。できない理由でなく、やりたいことをできる方法を探したいです。そして、そのヒントは、今の私たちの日常にあるような気がしています。

 

ぶんぶん文庫店主のブログ「いっぽいっぽ」http://blog.livedoor.jp/bunbuk/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - しあわせのぶんぶん文庫(49号)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク