踊ろう!はじける笑顔で~言葉っておもしろい(49号)

言葉には流行があるし、移ろい行く。

 

私が学生の頃までは、友達と別れる時は、

「じゃあね」か「バイバイ」と言っていたように記憶しています。

先生には「ありがとうございました」か「さよなら」でした。

 

ここ最近、電車や街で見かける学生さんたちは、友達同士で、

「おつかれー」と言っているようで、何となく違和感を感じます。

それって、お仕事をした後の挨拶だった筈。

 

太古の昔、言葉には魂が宿ると思われていました。言霊です。

「お疲れ」

という言葉を頻繁に言われていると、本当に疲れた気になってしまうのではないかと思ってしまいます。

疲れをお互いに投げ合ってるような感じです。

それに、若者よ。そんなに疲れるのかい?

20代の疲れなんて甘い。

寝れば疲れが取れる。

それに、疲れたら寝れるって元気な証拠。

30を超えると、疲れてても長く寝てられない。

だから老人の朝は早い。

寝るにも体力が必要。

 

一方、年配の女性は、お別れする時、それが夜だったりしたら、

「おやすみなさい」

と言う人が多いような気がします。

語感のせいでしょうか、ちょっと優雅な感じがして素敵です。

「あんた疲れてるね」と刻印を押すかのような「お疲れー」よりも、「ゆっくり休んで下さいね」と優しく労わるような「おやすみなさい」の方が、投げかけられる言葉としてはいいな~って思うのでした。

 

そう言えば、私の生徒の中に、、

「「パンティ」のティがやらしい。

ティを取ってパンツと言ってた時代もあったが、最近ではズボンの意味になってしまった。

そして「パンツ」という言葉をズボンに取られた時から、パンツはいつしか「ショーツ」になった。

もっと昔は「ズロース」だった」

と言ってる人がいた。

 

言葉って面白い!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 踊ろう!はじける笑顔で~言葉っておもしろい(49号)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事, 未分類   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク