土地家屋調査士ですが何か?(50号)

約1ヶ月後の8月21日には土地家屋調査士の試験が行われます。私が受験した平成15年と比べるとだいぶ受験者も減っているようですね。


魅力のない仕事とは思いませんが、認知度はいまいちかもしれません。試験を受ける方にとっては最後の追い込み学習になると思いますが、新しいことを覚えるよりも基本的なことを繰り返し、完璧なものにしていくほうが良いでしょうね。


とにかく時間が足りない試験なので、択一、土地の書式、建物の書式のペース配分を間違えない冷静さも必要ですよ。わからない箇所はとばして他の問題に取り掛かる勇気も必要です。

計算の答えが出なくても、図面が書ける場合もあります。色々な角度から問題に取り組んで、手が止まっている時間をなるべく少なく。受験生の検討を祈ります!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

小岩の賃貸住宅なら 株式会社大栄商事

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク