「町コン」が行く!(50号)

「なでしこジャパンから学ぶ経営戦略」

平成23年7月18日(月)早朝、なでしこジャパンが米国をPKで下し、世界一になりました。おめでとうございます。


なぜ、米国より体格、力も劣っていながら試合を同点に持ち込み、最後のPK戦3-1で勝ったのでしょうか。決勝リーグで強豪ドイツ、スウェーデンにも勝ってきました。


7月19日(火)付、日経新聞スポーツ欄に「諦めない なでしこ」「世界相手に『柔よく剛を制す』」と書かれています。身体的なハンディ、金銭面も含めたプレー環境など所与の条件が厳しい女子は「こうしたい」より「こうしなければ勝てない」というリアリズムを獲得しやすい。


縦に強い欧米勢の重心を微妙にずらしてパワーを減殺し、1人では止めきれない相手は複数で囲い込む。手際よく奪ったボールの動かし方も簡潔で小気味よく、逃げ水を追わせるように相手を消耗させた。
心身ともに酷使する戦法を貫徹した選手は敬服に値する。
●「町コン」五十嵐勉(五十嵐ダルマ)なでしこジャパンは、弱者の戦略を貫徹しました。相手の力をなくす。微妙にずらす。相手の土俵で戦わずに、自分の得意に持っていく。

言うのは容易いが行うが難し。すばらしいの一言。強い相手と同質化しない。同質化すると強い相手がより強くなる。相手の弱みに自分の強みをぶつける。つまり「差別化」「差異化」。そうすると年月はかかるが強者に勝てるということを「なでしこジャパン」は証明しました。最後に「諦めない」と言う精神力が勝因の一番でしょう。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

小岩の賃貸住宅なら 株式会社大栄商事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「町コン」が行く!(50号)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

関連タグ , ,
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク