加藤望の のんきちずむ 【51号】

「考えるべきは、するか、しないか、じゃない。すると決めたことをいかにして成すか、それのみだ。それでこそ犠牲も少なくなる。常に自分に問え。迷いはないか。最善を尽くしたか。」

小学館「BASARA」田村由美 【朱理】

わたしの教科書である、大好きな漫画の、1番好きなセリフ。

何かに迷ったときに、でてきます。どうしたらいいんだろう、と思ったときに、どうしたいんだろう、と考えます。

そんな時はどうしたいのかなんてでてこないけど、一生懸命どうしたいか考えてみる。

何度も言葉を繰り返してみる。物語の中の【朱理】という人物は、王子の1人。国を統治するために、手段を選ばない残酷な人。。だったり、想いにまっすぐで、想う気持ちも持っていたり。

頭がいい。他にも「トップが無能とだいうことはそれだけで罪だ。」など、素晴らしい名言をたくさん。(というかこの漫画に名言がたくさん。。。)

ただまっすぐわき目もふれず走っていける人もいるかもしれない。

でも、きっとみんな思い悩んで立ち止まって考えて振り返って、そんなときもあるんじゃないでしょうか?

私はたくさんあります。

そんなときに堅くならず、自分に壁を作らず、素直に、上を向いてまた歩き出していけるような言葉や音、あなたにはありますか?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

はじめまして! 加藤望です。今回より連載 させていただきます。シンガーソングライターで、都内を中心に音楽活動、また、MCなどのお仕事をしています。

コイワタイムズでは、私の好きな名言をご紹介いたします。

 

ブログ「のんきちずむ」

twitter  glog017 のんきち

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク