土地家屋調査士ですが何か?52号

矛盾

一筆の広大な土地の少しだけを分筆する場合、今までは特例措置として一部分だけを測量することが認められていました。しかしどうやら特例措置がなくなるようです。例えば1000㎡のうちの10㎡のみを道路として江戸川区に提供したいなんて言う場合も1000㎡を測量しなくてはならないというのです。精度の高い図面を残すことや、境界の争いを無くしたいということなのでしょうけど、その費用は当然法務局が支払うわけではありません。この不景気なときにすべての負担をお客様にかけることもできないですよね。個別の事案ごとに相談にはのってくれると思いますが、何か納得できない部分もありますね。

平成23年8月21日作成

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク