ぶらり中年塾 53号 ~目からウロコとはまさに

目からウロコとはまさに

今や松○政経塾に肩を並べようかという勢とも言われる中年のためのぶらり塾、わたしがぶらり塾長です。

さあ、辞める辞めるといって辞めない駄々っ子が、ようやく逃げ場を失って辞任したね、その後にドジョウが出てきてこんにちわが今週のテーマ。


そんなこんなで「あいだみつお」がまた売れているらしい、このあいだみつおだが、ぶらりとしてはなんだかよくわからない詩人だったんだが、これを機会に少しだけ呼んでみたらおもしろいねえ、まあ、ここで書いても無断転載とかなってしまうのだろうからね、みんなほんものという詩なんては、ドジョウに負けず劣らず、ニヤリとついしてしまうよ


少し前に読んだ本に、「猿は猿、魚は魚、人は人」というのがあった。松下幸之助さんの側近といわれた方の著書だな、ちょっと意味は違うかもしれないが、分を弁えるということなのかなと読んでみた。こうやっていつの時代でも通じる日本語は面白い、こんな人たちとは是非ご一献いただきたかったものだ。さて、ぶらりはぶらりと発泡酒でもいただきますかww


がんばろう日本! ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ぶらり中年塾 53号 ~目からウロコとはまさに
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク