ホスピタリティコラム~一期一会のその後に 54号

「目標は立てない」

なにか事を成し遂げようとする人は、大きく2つのタイプに分けられる、と聞いたことがあります。

ひとつは『 目標設定派 』、もうひとつは『 自然の流れに委ねる派 』


私はもともと完全に前者タイプで、明確な目標を設定して、細かく計画立て、それをひたすら実行する、というパターンだったのですが、ここ数年、あえて目標を立てないようになりました。
目標を立てるのではなく、 『今を生きる』 ことに専念してみる。『今』 を、『この瞬間』 を、ただひたすら懸命に生き続けてみる。すると、ふと気がつけば結果的に “最も自分らしいところ” に辿り着いている気がするのです。

目標を立てないと言っても、「北極星」のような、目指すべき方向性を示すビジョンだけはあるのだけれど、注力するのは、肩の力を抜いて、自然体で、目の前のことに懸命になること。
歌舞伎俳優の坂東玉三郎さんも目標を立てないのだとか。「毎日を一生懸命に生きているだけです。今日一日を大切に過ごすから、明日、1年後、10年後があるのです。」 と。


人間のもつ無限の可能性を信じつつ、今を大切に生き続けることで、自分でも思いもよらない結果が、後からついてくるかもしれませんね。<仁>

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ホスピタリティコラム~一期一会のその後に 54号
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク