下町の整骨院より愛を込めて~お大事に 54号

ねんざと靱帯損傷の違いは?

ケガの原因がねんざ、症状が靱帯損傷ということです。

わかりやすく言うと階段で踏み外し足がグリッと捻って足首の靱帯を損傷したと言います。

手当は「安静・冷却・固定 心臓より高い位置に患部を置く」です。

ひねったらなるべく早く まず氷のうや冷湿布などで冷やします。

できれば安静にし、枕や座布団等で足首を心臓よりも高い位置に来るようにします。

また足首を固定バンドなどで固定すると良いでしょう。

その日はお風呂は入らずシャワーですませましょう。

その後医療機関への受診をおすすめします。

理学療法などを受けるでしょうが、それは筋肉を強化し、バランスを改善し、足首の動きを回復させます。そしてその後の再発防止にもつながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 下町の整骨院より愛を込めて~お大事に 54号
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク