小岩で世界を体験しよう(日本も含む)「中国麻辣(マーラー)花生は危険な辛さです」⑥【55号】

「黄飛紅 麻辣花生」がおいしいと、上海出張先で中国人に薦められて、その場で買って食べた。 これがまた、辛くてうまい。
中国人が好きな辛さはこれだと納得する。
本格麻婆豆腐を食べたときと同じで、舌がピリピリするあの感覚がくる。
日本で売っているババロネスナックなど、お子様向けに思えてくる。
それらで準備運動して、こちらにお越しください、といったところだ。
辛さの原因は、ピーナッツの合間に見え隠れする花椒で、それが口の中で味覚麻痺を起す。
中国全国でも辛さ分布が異なり、南方は胡椒、花椒で、北方は唐辛子、そして両方が交ざる麻辣エリアがある。
このピーナッツの袋には、中のスパイスは料理にも使えますと書いてある。
それぐらい花椒がてんこ盛りである。

中国ならではの辛さがこの袋に凝縮されている。
どうしても、今すぐ試してみたい方は、陽光アジア物産 小岩店へどうぞ。
70グラム160円、210グラム300円で販売しています。



陽光アジア物産
営業時間:AM10:00–AM5:00
住所:江戸川区南小岩7-27-10-1F陽光アジア物産

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク