しあわせのぶんぶん文庫 56号

「しあわせの ぶんぶん文庫」

埼玉県の日高市から発信!小岩の皆さんからも学びたいです。


菜の花プロジェクト用に新しくお借りした最後の畑に種まきを行い、一週間後に芽が出てきました。

その畑の隣と向かいがやはり休耕地で、ご縁で快くお貸しいただけることになりました。広さは約1反。 希望者で利用方法について話し合いを持ちました。そして果樹エリア、個人利用エリア、「畑の学校」エリアと分けて使うことに。「畑の学校」での指導は、友人で日高で新規就農したふうわりファームMさんがやってくれます。


果樹や野菜を育て、加工して、販売まで夢はふくらみます。秋晴れの空の下、子どもたちは畑の近くで駆け回り、大人たちはあーでもないこーでもない、とお茶を飲みながら語り合いました。 だいぶ前からこういうことをしたいねと言っていたけれど、こうやってぱぱっと動いていく時期になりました。そしてあの震災が私たちの後押しをしているという気がします。

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク