ホスピタリティコラム~一期一会のその後に  「継続と反復」

タイトル 「継続と反復」


『 継続と反復は違う。


昨日と同じ事を漫然と繰り返すのでなく、
今日より明日、明日より明後日と、少しずつでもいいから、
かならず改良や改善をつけ加えていくこと。


そうした「創意工夫する心」が成功へ近づくスピードを加速させる。』

これは稲盛和夫氏の言葉です。


礼法のお稽古へ行くと、毎回最初に必ずお辞儀の練習をします。

お辞儀の動きそのものはそれほど難しいものではないので、

子どもでも誰でも一応はできるわけですが、

 

ただ漫然とお辞儀をするではなく、一回一回、

指先、つま先にまで神経を集中させ、


姿勢、目線、表情、角度などを少しずつ微調整しながら行っていくと、

1年後には見違えるほど美しいお辞儀になっているのが分かります。


同じことをやっているように見えても、同じことを繰り返してはいない。

一日一日はほんの小さな前進かもしれないけれど、
必ず「チリも積もればヤマとなる」のですよね。


〈仁〉

 

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク