『ストリート漫才師のコラム~四季駆け抜けて~』第13回 

どうもこんにちは。
『タンデム・シップ』という漫才コンビで活動する若手お笑い芸人・矢部たかひろ(27才)です。

「珍しい経験」

10月9、10日(日、月)に横浜の秋祭りのステージでネタをさせていただきました。
出番が終わって会場付近をぶらぶらしていると、
「漫才の兄ちゃん金魚すくいやって行くかい?もう閉店だからタダでいいし、
すくったの全部持って行っていいよ」とポイを手渡されました。
「何て太っ腹なオジサンなんだ」と喜んで5年ぶりに金魚すくいに挑戦して、
結果としては13匹すくえたんですが・・・

いや~、人間って面白いですね。
10匹すくったあたりから、さっきまであんなに太っ腹だったオジサンが、
「おいおいもういいんじゃないかい?」という顔になり、
12匹すくったあたりから僕にバレないように水槽を蹴り始めました(笑)
(まあバレてるんですけど(笑))

人生で初めて「店主が起こした波の勢いでポイを破られる」
という経験をした矢部でしたとさ(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ストリート漫才師のコラム~四季駆け抜けて~』第13回 
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

関連タグ
カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク