アロマ&ハーブ 植物との心地よい暮らし 58号

~冬の養生~

 

立冬を過ぎてから、朝晩急に冷え込むようになり、

いよいよ冬の季節がやってきました。

「冬」は「冷ゆ(ひゆ)」「震う(ふるう)」「殖ゆ(ふゆ)」などから

出来た言葉といわれています。

冬になると動物たちは冬ごもりし、大地からは緑が消えます。

生命力を内に集め、新しい芽生えの春まで充電期間となります。

 

私たち人間も自然の一部です。動物や植物たちと同じように

季節に沿った冬の「養生」が必要です。

「養生」とは、漢方などでよく聞く言葉ですが、

病気にならないための食事・運動・休息・睡眠の方法で、

先人の知恵と経験に基づく生活法・健康法のことをいいます。

 

アロマやハーブは、西洋で生まれ発展したフィトセラピー(植物療法)ですが、

同じように東洋で馴染みのある漢方薬もそのほとんどが植物由来です。

 

今日は、漢方養生的な「冬の過ごし方」をご紹介しますね。

 

①睡眠時間は長めに。

夜は早く寝て、朝は日が射すのを待ってから起きましょう。

②精神的にもゆったりと。

色々な思いや考えは、表に出さずそっと隠しておきましょう。

③冷たいもの、薄着、屋内外の温度差にも注意。

寒さから身を守るように努めましょう。

 

身体と心のエネルギーを上手に蓄え、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アロマ&ハーブ 植物との心地よい暮らし 58号
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク