小岩で世界を体験しよう(日本も含む) 「シルクロードを伝わるキャバブの香り」⑨【58号】

ジョンズキャバブのジョンさんはイラン(ペルシャ)人です。日本語が上手です。


ここで出されるキャバブは、塩と胡椒だけのシンプルな味で、きつい香辛料が加えられているわけでありません。


ピタパン(中東パン)に挟んだ肉に、マヨネーズ味のオリジナルソースがかけられ、野菜と一緒にかぶりつきます。辛さを自由に選べます。


日本人向けに味を変えているかと思っていましたが、イランのテヘランでは塩と胡椒が基本で、お客さんが、好みで味をつけたり、他の食べ物と混ぜたりして自由に食べるそうです。
だから、カウンターの上には、いろいろ香辛料が置いてあるので、イラン式に好きな味にして楽しみましょう。


トルコのドネル・ケバブを、イランでは、ギャルダン(回転) キャバブ(焼く)と言います。キャバブを家庭で作るのは大変なので、食べる時には外食する特別感があります。
ジョン・レノン似のジョンさんは、そんなテヘラン・キャバブを小岩で提供してくれます。


JOHN’S KABAB(ジョンズキャバブ)
東京都江戸川区西小岩1-27-29 東京グランファースト110-1
日~木 17:00~翌3:00
金土   17:00~翌5:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小岩で世界を体験しよう(日本も含む) 「シルクロードを伝わるキャバブの香り」⑨【58号】
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク