ホスピタリティコラム 一期一会のその後に (42号)

『 ”持っている” ことと ”使うこと”  』


私は娘の通う小学校のPTA広報委員の委員長をしているのですが、
学校の全ての先生方に 「大切にしている言葉」 を取材したことがありました。

その際、一人の先生が挙げられた言葉が、とても印象に残っています。


『 大切なのは、「持っている」ことより、それを「どう使うか」 』


これ、とっても大事なことですよね。

例えば、「知識」や「資格」・・・

大切なのは、どんなにたくさん知識を仕入れるかではなく、
それらをどう使うか、どう使って人の役に立てるか。


例えば、「お金」・・・

お金をたくさん持っていることがスゴイのではなく、
そのお金をどう使うのか、の方がはるかに大切で・・・。


ほかにも、「時間」 「動ける体」 「経験」 「心」 「いのち」 ・・・・

自分が持っているものを、どう使うのか。


少しでも有効に、少しでも意義あることに使っていきたいと、
改めて考えさせられた一言でした。

大切なことを教えて下さった先生に感謝です。

<仁>

畠山仁美 ウィル接客手話カレッジ

ブログ ホスピタリティ研究部

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ホスピタリティコラム 一期一会のその後に (42号)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   パーマリンク