アロマ&ハーブ 植物との心地よい暮らし 59号

~ 冬に役立つハーブ ~


陽射しも弱まり、冷え込みが厳しくなる頃となりました。寒さから血の巡りが悪くなる季節なので、冷え性の方にはつらい時期ですね。また、血の滞りにより頭痛や肩こりなども出やすくなります。
これからの季節、身体を温めるものや免疫力を高めてくれるものを積極的に取り入れると良いでしょう。


冷え対策には、ハーブティーがおすすめです。ハーブとは・・・その意味はとても広いですが、簡単にいうと「私たちの生活に役立つ香りのある植物」のことです。
その歴史はとても古く、人々は主に薬草としてさまざまな目的に利用していたようです。特にハーブティーは、ハーブの有効成分を取り入れる一番手軽な方法といえるでしょう。


最近、注目されている「しょうが=ジンジャー」も根茎に香りがあり、冬に役立つハーブの一つです。西洋と東洋の両方で二千年以上も愛されている、食事、お茶、お菓子といろいろ使われるお馴染みのスパイスですね。
血行を良くして身体を温めることは、昔から多くの人に知られています。
発汗を促し悪寒を緩和するため、風邪対策や冷えの改善に役立ちます。また胃を温めることで食欲を増進し、消化を助ける働きもあります。 
しょうがの香りや味はちょっと苦手・・・という方は、はちみつや紅茶と一緒に取り入れても良いですね。


ハーブティーは、ホッと一息リラックスしたい時、心も身体も温めてくれる心地よい飲みものです。

関連タグ
カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク