相続専門行政書士 はたっち の遺言書・相続相談室 59号

Q 相続財産はどのように確認したらいいでしょうか?


A 不動産の場合、

○登記簿謄本(全部事項証明書)

○登記識別情報(権利証)などの書類を元にして、物件を特定します。


このときに、不動産が共有になっているならば、割合も確認します。


●名寄せ帳、

●固定資産税納税通知書、

●固定資産税評価証明書

上記の書類などで、不動産の面積、評価額が確認できます。

担保設定なども確認します。


動産の場合は

●預金・・通帳の残高

●株式の内容

●保険・・保険証券

などを注意しましょう。

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ:   この投稿のパーマリンク