5/19(土)、6/2日(土)、9日(土) 葛飾あるものさがしツアー第三弾! 「鎌倉編」「奥戸編」「宝町編」

第一弾、第二弾と大好評。
季節を冬から春、そして夏へと変えて
あるものさがしは続いております。
何が見えてくるかは当日のお楽しみ。

葛飾に住んでいるみなさん!
地元の人が地元を知ることから始めませんか?
本やガイドが傍らにあっても、
自分が歩いて、調べなければ、詳しくなりません。

また葛飾に興味があるけれど、
区外だし・・・と思っているみなさん!
よそ者にも大事な役割があります。
地元の人が見慣れたものを新鮮な目で驚いてもらうこと。
両者が一緒に歩くことで、 今までなかった地域の姿が見えてきます。

今回も3人の地元の方に一緒に歩いてもらいます。
彼らはまち歩きのガイド役ではありません。
みなさんの質問であるものを発見する
お手伝いをしてもらうパートナーです。

あなたの地域の「あるもの」さがしませんか?
*あるものとは「あるモノ、あること、人」です


■プログラム

①5月19日(土)午後1時~午後5時

「奥村麻理さんと歩く鎌倉」

【集合・会場】鎌倉憩い交流館和室


②6月 2日(土)午後1時~午後5時

「市原みずよさんと歩く奥戸」   

【集合・会場】奥戸地区の公共施設(未定)



③6月 9日(土)午後1時~午後5時

「かつしかけいたさんと歩く宝町」       

【集合・会場】宝町地区の公共施設(未定)


※「奥戸編」「宝町編」の会場は5月上旬に発表します。
※各回とも終了後に、地元のお店で交流会を予定しています。
※雨天・荒天の場合は中止させていただきます。


■今回の地元の人

①奥村麻理さん(源右衛門の会)
IMGP3700

1983年、葛飾区鎌倉生まれ
まちづくりに興味があり、今年から大学でランドスケープデザインを学ぶ。

☆鎌倉の思い出
「大きいマンションや建売り住宅が増え、住む人は変わりましたが、
のんびりした雰囲気は変わらないと思います。」



②市原みずよさん(NPO法人水元ネイチャープロジェクト理事長)
市原みずよさん写真

155?年、和歌山県龍神村生まれ。13軒しかない集落です。
葛飾区奥戸に来て30数年、忘れるくらい昔です。
NPO法人を設立して、今年でちょうど10年たちました。
奥戸から離れられずに、奥戸が変化していくのを見続けています。

☆奥戸の思い出
「最初は畑や田んぼがあり、のんびりしたところでしたが、
この20年くらいで大きく変わりました。」



③かつしかけいたさん
かつしかさん

1981年生まれ。幼児期から10数年間を宝町で過ごす。
現在も区内に住み、葛飾の風景をもとにしたひとコママンガをウェブ上にて発表している。

☆宝町の思い出
「記憶の始まりから小学校の登下校の思い出まで書ききれません。
よく通った駄菓子屋、そこで食べたもんじゃ焼き、手作りのパン屋さん、
下校時にカタツムリをつかまえた植え込み、友達と行った銭湯。
今はもうなくなってしまった場所ばかりですが、変わらないところもあります。」



■定員:各地域に興味がある方10名 *先着順

■費用:各回800円(資料代・実費)
*リピーターの方は500円

■締切:①5月12日(土) ②5月26日(土) ③6月2日(土)
※各回とも期日の一週間前

■問合せ・申し込み
TEL:090-4003-5873(福原)
E-mail:fukky@edg.or.jpまで

A.名前(ふりがな) B.参加希望日 C.電話番号
をお知らせください。

■主催:葛飾まちづくり劇場 
カテゴリー: イベント情報, サークル・生徒募集   パーマリンク