~駒の動かし方がわかれば理解できる!~ 経営者と人事労務担当者のための「将棋でわかる人事労務セミナー」

皆さんは『将棋』という日本のゲームをご存知でしょうか?


「そんなの子供の遊び」 「プロがするもの」 「昭和の縁側」など、いろいろなイメージがあると思います。
そんな将棋ですが、実は豊臣秀吉が熱心に研究していたそうです。毎年、山形県天童市で開催される人間将棋は、豊臣秀吉が伏見城で小姓や腰元らを将棋の駒に見立てて将棋を指していたという故事にならった行事です。
なぜ豊臣秀吉が将棋を?・・・それは戦国時代を勝ち抜くため!ではないでしょうか?
たかが将棋、されど将棋・・・これは現代のビジネス社会、法律社会にも役に立ちそうな気がしませんか? このセミナーでは、将棋の駒を実際に動かして人事労務のポイントをわかりやすく解説します。 是非、皆様のご参加をお待ちしております!

http://www.metroguide.jp/seminar/20130220/

カテゴリー: CatchUp, お知らせ, イベント情報   パーマリンク