疑い セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也のコラム

あなたは、、、

世の中は危険と思われていますか?
それとも安全と思われていますか?

その考え方によって人生の心のゆとりが
全く変わってきますよね。

50代、製造業の経営者(社員60人ほど)
継続クライアントAさんの事例を許可
を得てシェアさせて頂きますね。

今まで扱ったテーマは改善しているけど、
あとまだ塊のようなものがあってそれが
邪魔していると言うのです。

「それは何だと思いますか?」

Aさんに聞いてみるとこんな返事
でした。

「疑いの気持ちが強いです。
私は石橋を叩いて渡るんじゃなくて、
石橋を叩き壊してしまうタイプなんです。」

そして具体的な仕事の場面を教えて
くれました。

「例えば、会社の庭の草むしりをしている時、
ゴミ捨てにきた社員が、
回収車のゴミ粉砕ローラーに
手が巻き込まれるんじゃないかと心配で

ほうきを片手に仁王立ち
になって見張ってるんです。

もしもの事があったら取り返しが
つきませんから」

他にも安全管理する人がいると思うのですが
いつもそんな感じなんですかと尋ねると
そうだといいます。

確かに経営にはリスク管理が必要です。

ですが、いつもそんなに気を張り詰めて
いるときついですよね。

そして疑う気持ちが強過ぎるとメンタルブロック
解放コンサルの効果にも影響するので、
この疑う気持ちを扱うのを提案すると
了承してくれました。

そこで、もしもの事があったら取り返しが
つかないと不安を感じながら、
仁王立ちしている時、どんな気持ちなのか
聞いてみました。

「社員に万が一の事があっては
いけない、事故が起きてはいけない。
そう考えると不安で心臓がどきどきします。」

その感覚を辿って出てきたのは
予想外の場面でした。

「小学2年の夏、お父さんから足が
つかないプールに投げ込まれたんです。

お兄ちゃんが同じようにされて泳げる
ようになったから」

 

「・・・そうか、、、」

2人に緊張感が漂う。

 

「ちょっと怖いけど、ほんのちょっとだけ
思い出してみて。僕が絶対に守るから!」
そう伝えた。

不安そうにこちらを見るAさんに力強い
目で合図した。

すると、「ハッ!ハッ!」

Aさんは立って犬かきのように手、足
をバタつかせて苦しそうな表情に一変。

その瞬間、私は、Aさんが今の水面から
顔を出せるようにガバっと足から抱き
かかえました。

「ゲホッ!ゲホッ!ゲホッ!」

飲み込んだ水を吐き出しながら唇が
紫色になってブルブル震えているAさん。

「もう大丈夫、水のない安全なところに行こう」

そう伝えながら、Aさんを抱きかかえたまま、
ゆっくり部屋の端まで歩き、
椅子に降ろしました。

時間をかけながら安心させてあげると、
Aさんは段々落ち着き、語り始めて
くれたんです。

「水の中で死ぬ思いをしてた時、
お父さんとお兄ちゃんは、僕を見て笑っていた。
助けてくれなかった。

お父さんもお兄ちゃんも信じられない」

この時、Aさんは、この世界は危険で
いっぱい、人は信用できないと心に
思い込んだのでした。

そこで世の中や人に対して安心感を
感じるような新たな思い込みを心の中に
書き込んだのです。

「今までずっと疑い深く不安だった原因は
これだったのか!」

完全に忘れていた事にAさんは
驚きの声をあげていました。

ところで私たちは、時として騙されたり、
裏切られたり、人が信じられなくなる
事ってありますよね。

ビジネスパーソンとしてはリスク管理や
自立は重要となります。

ですが、人が信じられない、世の中は
危険だと強く感じていたら、どんなに
社会的成功しても幸せを感じられない
ですよね。

社員さんやビジネスパートナー、
お客さんを信じ、任せたり、契約する
事も大切です。

ところであなたは世の中は安心できて、
人を信じられてますか?

もし疑う気持ちが強いようでしたら、
原因を探って心を軽くしてみませんか。

ビジネスでも人生でもより豊かな世界に
なりますよ。

 

 

 

岡崎哲也

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 疑い セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也のコラム
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   パーマリンク