脚本家 夢野ねこべさんの芝居を観てきました

コイワタイムズでずっと連載してくれている脚本家の夢野ねこべさん。
彼女が脚本を手がけた芝居を昨晩観に行ってきた。
新中野 初めて降り立った駅だ。

http://koiwatimes.com/3499-entry.html

芝居は
すっぴんと化粧の落差が大きすぎる女性が主役。
化粧した彼女は社内一の美人。仕事もできて性格も良い。
料理・洗濯・炊事もベスト スタイルも最高。
ただ、すっぴんは「のっぺらぼう」で「目がひじき」(笑)

そんな彼女のすっぴん姿を「婚約後」に見せられたフィアンセが「詐欺だ詐欺だ」と騒いでいるところから話は始まる・・・
すわ婚約破棄か?と思われるのだが・・・

ネタバレしてしまうので、これくらいにしておこう。

悲喜劇をすっとストレートにシンプルにまとめてあった。
ごちゃごちゃ感がなく、しっかりとした構成で観ていて気持ちが良い。
最後はハッピーな感じで。

また、観に行きたい。彼女の作品を。
自然にそう思った。

コイワタイムズに縁のある人が
一生懸命作ったものを楽しみに行ける・・・
編集者冥利に尽きる。
彼女のブログを見て「おもしろいからコイワタイムズに書いてくれませんか」と頼んだのがおつきあいの始まり。
その後彼女はいろいろたいへんなことを乗り越えてきた。
それが報われ始めているので、わたしも嬉しい(^_^)

編集長 はたひでき

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 脚本家 夢野ねこべさんの芝居を観てきました
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事, スタッフブログ   パーマリンク