GWの楽しみ方 セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也のコラム

 

昔は、安・近・短、今年は高・近・短。

あなたはGWでどこか小旅行を

計画されてますか?

 

又は、ゆっくり充電されてる方、または

休みなく頑張られている方、いろいろな

時間の使い方をされていると思います。

 

例えば、日本三景をご存知ですか?

広島の宮島、宮城の松島、京都の天橋立。

 

数年前のGW、その1つの天橋立に

行ったんですよ。

 

夕方に到着後、駅前温泉に浸かり、

夕焼けを眺めながら、極楽、極楽。(^^)

翌朝、7時過ぎに行動開始。


昔の人達のように自分の足で歩いて、

深い松並木に込められた多くの想いを

感じ取りたかったのですが、イベントが

目白押しだったのでレンタルチャリンコで

行く事にしました。

松並木の手前の橋に差し掛かると、

今からこの道を通り、そちらへお参り

させていただきますと、心の中で軽く

会釈しました。


目的地は、籠神社(このじんじゃ)と

その奥の宮の真奈井神社。

 

実は、天橋立は、その神社の参道とも

言われているんです。

昔は今みたいに新幹線や電車・バス

が無く、歩きで全国を旅していたんだ

よね~と、しみじみと文明の利器に

感謝しながら、自転車をキーコキーコ

こぎました。

するとよっぽど楽しそうに見えたのか、

すれ違う人、すれ違う人が声をかけて

きたんですね。

「お兄ちゃん、どっから来たの~、

今日はいい天気で良かったね~。」


「はい、九州からなんです。

僕は天橋立に初めて来ましたー。(^^)」


「おや、遠いところから来たんだね~。

九州から来る人は珍しいな~ゆっくり

見ていってや~」


そしていよいよ目的地の籠神社に到着。

籠神社は、丹後一宮で元伊勢の

一つなんですよ。

元伊勢(もといせ)とは、もともと皇居内に

祭られていた天照大神を、紀元前70年頃、

皇女倭姫命(やまとひめのみこと) が鎮座

する地を求めて旅をしたんですね。

 

そして、伊勢神宮内宮に至るまで一時的に

祀った伝承を持つ神社・場所なんです。

その籠神社の本殿の前に立つと、

前方から心地良いそよ風が吹いて

きたんですね。

 

由緒ある神社や仏閣では、こんな心が

洗われるような清々しい風が吹いている

ことが多いんですよ。

そして私はありったけの

“ありがとうございます”の祈りを

捧げました。

それから奥の宮の真奈井神社に

向かいました。

ちなみに天橋立にはこんな伝説も

あるんですよ。


大昔の神話の時代、男神イザナギ

が女神イザナミがいる真奈井神社

へ天から通う時に造った梯子(天浮橋)

が、男神イザナギが 地上で一夜

寝ていた間に倒れて出来たのが

天橋立だそうです。


その為、天橋立は神と人をつなぐ

神聖なところとも言われているんですよ。

ところであなたは小旅行に行かれた

時は、どんなふうに楽しまれますか?

 

その土地の歴史や神話を知った上で、

あたかも自分がそこにいるかのように

タイムスリップしてみるんですね。

 

そして全身でその空気感を味わうと

一段と感慨深くなるんですよ。

 

そうすると、年数が経っても、その時

の感動を思い出しやすくなるんです。


あなたも後半のGWを楽しんでくださいね。

 

 

 

岡崎哲也

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   パーマリンク