命のビザ ~セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也のコラム

あなたはある時期になると

思い出すストーリーってありませんか?

12月はやっぱり忠臣蔵でしょ!

みたいな。(^^)

 

そこで以前、テレビで感動して、今の

時期になると思い出すストーリーを

ご紹介しますね。

 

1940年、東ヨーロッパのリトアニア。


当時の日本領事館は数百人の群集

に取り囲まれていました。


それはナチス・ドイツから逃れてきた

ポーランドのユダヤ人難民でした。

前年の1939年に第二次世界大戦が

勃発、全ヨーロッパはナチスに制圧

されていました。


ユダヤ人狩りから逃れる方法は

ソ連→シベリア→日本経由後、

米国や第三国に渡る道しかなく、

日本の「通過ビザ」が生死を分けた

のです。


杉原千畝領事代理はビザ発行を外務省

に判断を仰ぎましたが、当時日独伊同盟

の関係から【不可】の回答でした。


難民は必死にビザの発行を訴え

続けました。


杉原さんは悩みました。
「難民を救うべきか、ビザを出せば

クビになるかもしれない」

そしてついに領事館の門が開いた瞬間、

難民から大歓声が沸き起こりました。


杉原さんはくる日もくる日も手書きの

ビザを書き続けます。


そして外務省から「早く領事館から撤退

せよ」との指示が届きましたが、無視して

リトアニアに残り、ビザを書き続けました。


いよいよ撤退の為、ベルリン行きの国際

列車に乗り込みましたが、杉原さんは

窓から身を乗り出してビザを書き続けた

のです。


そして最後に、言いました。


「ごめんなさい。私はもうビザを書く

事ができません」


杉原さんが書いたビザは合計2139枚、

家族兼用の旅券が多かった為、脱出

できたのは合計6000人にものぼった

そうです。


彼らはシベリア鉄道などで大陸横断

し、船で日本に渡り米国へと逃げて
行きました。


1945年、8月日本敗戦。


杉原さんは、ソ連収容所に抑留され、

2年後に帰国、外務省に復帰しました。


ところが突然、独断でビザを発行

した責任から解雇通告されたのです。


以降、占領下の貧困と混乱の中を

生きていくことになったのでした。

その後、「命のビザ」は歴史の中に

埋もれようとしていました。


それから数十年後、イスラエル大使館

から杉原さんへ1本の電話が入りました。


イスラエル大使館の参事官が28年間、

杉原さんを探し続けていたのです。


そしてボロボロになった紙(杉原ビザ)

を見せ、感動的な再会を果たしたのでした。


その後、その行為は世界中から賞賛

されます。


杉原さんは、
「私はやるべき事をやっただけです」
と語ったそうです。


杉原さんが、ビザ発行する時、家族の

不安がありながらも、クビ覚悟で国の

命令に背いてとった勇気と行動力には、

敬意を感じます。


同じ状況になった時、自分はどのような

行動ができるのだろうか?

 

そして「命のビザ」によって多くの命が

救われたことに、命の尊さすら感じます。


杉原さんのような方が日本人として

いてくれた事に深く感謝し、日本人

としての誇りを大切にしていきたいと

この時期になるとこのストーリーを

思い出すんですよ。

 

 

岡崎哲也

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   パーマリンク