土地家屋調査士ですが何か(43号)

成年後見制度

先日、成年後見制度についての研修会がありました。どちらかと言うと土地家屋調査士にはあまりなじみがない内容かな?と思っていたのですが、聴けば聴くほど不安を感じる内容でした。


土地の測量をして隣接所有者の立ち会いと署名を求めた時に、その方が成年被後見人であったら後から取り消しをされる可能性があるというのです。


でも毎回毎回相手に対して「あなたは成年被後見人ですか?」なんてきけません。


また法務局では「成年被後見人として登記されていない」ことの証明がとれるのですが、原則本人しか取得できません。


しかも元気に動ける人でも財産管理ができなかったりすれば成年被後見人として登記されている可能性もあるとのこと。


これからの仕事のやりかたを考えさせられる内容でした。

平成23年2月26日作成

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 土地家屋調査士ですが何か(43号)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク