小さな会社のアイティー劇場(バックナンバーより)

15回目 パソコンメールの豆知識

本年からはランダムにパソコンの知識やパソコン屋の素朴な思いを書いていこうと思います。

新年1回目は、パソコンメールの豆知識です。

職業がらパソコンメールを送受信することが多いですが、メールの書き方って人それぞれ特徴があります。出来れば解りやすく読んでもらいやすいメールの送り方をしたいですね。
また、誤った使い方をするとエライ目にあったりします。

まずは宛先(送信先のメールアドレスを入力するところ)の説明ですが、宛先とCcとBccってありますよね。
この意味ですが、宛先は誰か一人に送りたい時に使います。Cc:は複数の人に贈る場合なのですが、誰に送ったかを複数の人にも知らせたい時に使います。ですので不特定多数のメールDMを送信する際に、間違ってCcで送ってしまうと、不特定多数の送信先の方に不特定多数のメールアドレスを公開してしまう事態になります。ですからCcは慎重に使った方がよいかも知れません。
Bccは不特定多数に送る時に使うのですが、不特定多数に送ったことを送信先に知らせない時に使います。
メールDMを送る時などはBccを利用しましょう。

宛先の次は件名です。
件名は、当然本文の内容に沿った件名が解りやすくていいですね。
例えば、《新年会のお誘い》みたいな感じで件名を入力します。
新年会のお誘いがメールの内容なのに《前原です》って自分の名前を書いた件名ってよくあります。でもこれってとっても解りずらいですよね。返信メールの件名も《Re:前原です》って帰ってくるでしょうから自分も解りずらい・・・。
件名の入力に関しては、読んでもらいやすくするテクニックがあります。
自分の名前と件名を両方入れる。かつ件名の先頭に一文字スペースを入れる。
私がよくやるのは、こんな感じ。
【デジコム】新年会のお誘い
こうなっていると他のメールの件名が字下げしていないのに対し、自分のメールは字下げしてあるので目立つんですね。
そして、誰からどんなメールが来たのか件名ですぐにわかる。
是非お試しください。

他にもいろいろありますけど本日はここまで。


(株)デジコム

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小さな会社のアイティー劇場(バックナンバーより)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   パーマリンク