メールのフォルダ分け ~小さな会社のIT劇場 (45号より)


19回目 メールのフォルダ分け

今回はメールのフォルダ分けに
ついて書いてみます。
仕事でメールを使っていると、
毎日たくさんのメールが来て
未読メールがいっぱいに・・・って
ことありますよね。
私はメールから依頼が来た仕事に関しては、メールソフト
で仕事の進捗管理をしています。
メールソフトの受信トレイには、『あかさたな』の頭文字
のフォルダを作り、お客様名のフォルダを頭文字の
フォルダ内にお客様の数だけ作っています。
メールは自動フィルタなどの設定は行わず、すべて受信
トレイに一度受けています。
受信トレイ内には、1.仕事の依頼メール 2.返信が
必要なメール 3.読めばいいだけ 4.読まずに削除
5.迷惑メール 大きく分けると5種類くらいのメールに
分類されます。
仕事の依頼メールと返信が必要なメールは、処理が終わっ
てから受信トレイからお客様名のフォルダに移動します。
ですから返信しなかったり、処理しなかったりするといつ
までも受信トレイにあります。
読めばいいだけのメールは読んだら。お客様のフォルダ
もしくはアーカイブ(年別フォルダ)に移動します。
このようにしていくと、受信トレイには常にやり残した
もしくは読み残したメールのみが残っている状態になり、
やらなければならないことが受信トレイを見てわかります。
メールのフォルダ分けをこのように利用すると、メール
からのオーダーを忘れずに済みます。
『コイワタイムズ編集長 畑さん』から来た締切メールも
この記事を書いたら、フォルダへ移動します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メールのフォルダ分け ~小さな会社のIT劇場 (45号より)
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク