ストリート漫才師のコラム~ 四季駆け抜けて~③(45号)


読者のみなさんこんにちは。『タンデム・シップ』という漫才コンビで活動するお笑い芸人・矢部たかひろ(26才・ボケ担当)です。

相変わらず余震が続いていますね。3月は出演する予定だったライブや営業22本のうち、11本が中止や延期になりました。


震災の影響は我々エンターテインメントの世界にも直に降り注いだのです。



そんな中、タンデム・シップも所属する4人組のお笑いチーム『笑業団体しきかけ一味』は、4月2日(土)に、目黒区民センターで、6回目の本公演『敷き布団とかけうどんvol.6』をチャリティーライブという形で行いました。



被災地の方を元気にすることは無理でも、せめて東京のみんなに少しでも元気なってもらいたいという気持ちで行ったライブです。そしたらホールに集まってくれたお客さんはみんな沢山笑ってくれて、アンケートにも「久しぶりにこんなに笑った」「楽しいネタが見れて嫌な気分が晴れた」「ライブ中止にならなくて良かった」「明日からまた頑張ろうと思った」と沢山書いてくれて、逆にこっちが元気をもらいましたよ。



中止にするか迷いましたが、やはりライブ開催して良かったです。チケット収益の一部と、終演後のロビーでお客さんから募った募金、合わせて13万7279円を義援金として寄付させていただきました。少しでも復興に役に立てばと思います。

***************************************

タンデム・シップ矢部たかひろのブログ『見晴らしのいい場所』


You Tubeで『タンデム・シップ』で検索していただければ、ネタ動画が16本観られます。ぜひご覧下さい。



カテゴリー: コイワタイムズ新着記事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク